大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

診療台で使う水について(滅菌、消毒)


治療に常に使用する診療台ですが、治療中に患者さんがお口をすすがれるコップの水や、歯を削るためのタービンの水は、診療台の中の管を通って、出て来ています。ですので、その管が汚れていると、水自体も汚れてしまいます。


そして、実際に、その管の中にはバイオフィルムといって細菌の塊が膜のようになったものがこびりついていることがわかっています。もちろん、これまでの歯科治療において、その水が、異常に汚れているということはなかったのですが、我々は医療機関であり、診療で使用する機器はできる限り滅菌しています。ですので、診療台から出る水の清潔さにもこだわりたいのです。
 
最新の診療台は、この問題を改良するべく、給水管路の洗浄ができるものが出てきました。当院の診療台にも、給水管路クリーンシステムを備えたものを採用しています。これにより、診療台で使用するタービンなどの水を、より清潔に保つことが出来ます。
 
滅菌は、なかなか目に見えない部分であり、コストもかかる部分なのですが、医院の志を試される部分でもあると思います。今後とも、できることからコツコツと改善を加えていって、より安全で、清潔な医療を目指していきたいと思います。
当院の滅菌についての取り組みは、こちらをご覧ください。
 
http://www.komuro-dental.com/contents/eiseikanri.html

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved