大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

歯科用CT


当院では、歯科用CTを導入しています。


CTは、人間の体を二次元のレントゲン像ではなく、立体的に見ることのできるものです。人間の下顎の中に走っている神経の走行や、歯の根の形など、歯の治療には非常に複雑で、2次元では到底わからないことも多いです。そこで、これまでは、インプラントの治療や、親知らずの抜歯など、必要に応じて医科のクリニックにCTの撮影を依頼し、そのデータを当院のコンピュータで解析できるように、変換する作業を行ってきました。
 
しかし、このような作業には、最低でも分析まで1週間ほどの時間を必要としましたし、外注するので費用のご負担も大きかったです。また、根の治療のような、ちょっとしたピンポイントでの画像の撮影には、対応が難しかったのが現状でした。
 
歯科用CTは、当院で撮影し、すぐにデータが出来上がりますので、結果がその日のうちにわかりますし、もちろん費用面でもメリットがあります。また、医科のものと少し撮影方法が違うため、歯の根などの細かいところの確認も得意です。何より、医科のものより被曝量が少ないので、安心も大きいです。
 
当院では、CTのデータやこれまでのレントゲンのデータ、口腔内写真のデータなどを一括管理しており患者さんへの説明、分析もスムーズにできます。
 
今後も、色々と発展が見込まれるCTを、当院でも積極的に活用していきたいと思います。

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved