大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

歯根治療について


我々が日々行う治療の一つに、歯の根(歯根)の治療があります。


歯の中には空洞があって、その中には神経や血管が入っていて歯に栄養と命を与えています。不幸にして、この神経が虫歯や歯周病によって炎症を起こすと、除去しなくてはならなくなります。
この状況は非常に一般的な口の病気なので、我々は日々こういった治療を行わなくてはならないのです。
ところで、この歯の根の中の空洞のことを根管といいますが、これは非常に複雑な形をしています。これをきれいに掃除して取り去ることは非常に難しく、丁寧な作業が必要とされます。もともと感染を起こしている根管だと、余計に掃除は難しくなります。リーマーという細い針状の器具を使用して、なかなか目視が難しいところを機械を使って判断し、掃除していきます。通院回数がかかる場合もあります。
ですので、できるだけ神経はとらなくていいように、歯を大事にしていただきたいと思っています。そうならないように我々もできるだけ神経を失わない治療、予防を心掛けたいと思っています。
ところで、よく患者さんに、”神経をとるとおっしゃいますが、歯がなくなるのですか?”とびっくりされることがあります。神経を仮にとったとしても、そのあとでその上にしっかりと詰め物やかぶせものをしていきます。ですのでどうぞ心配なさらないでください。

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved