大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

インプラントは、万能の治療法なのか?


最近、小室歯科阿倍野近鉄百貨店診療所にもインプラントを希望される患者さんが多くなりました。

インプラントとは、虫歯や歯周病で歯がなくなったところに人工のチタン製の歯根を埋め込み、そこに固定式の歯や、入れ歯のアタッチメントを入れる方法です。


インプラントは、入れ歯特有の、取り外しの煩わしさや、噛みにくさ、見た目などの問題を解消できる素晴らしい治療方法です。当院でも、インプラントの学会専門医、理事などを中心として、多くの専門的な知識を吸収し、治療を積極的に行っています。
しかし、インプラントは患者さんの骨の状態、全身の病気の状態、予算などによって必ずしも皆にできるとは限らない方法です。どうしても、インプラントを入れたいのです、と訴えられる患者さんの中にも、インプラントを簡単に入れれる状態ではない方が多いことも事実なのです。
 
そういう時には、入院が必要なくらいの手術を行うために大学病院を紹介したり、患者さんによってはご希望を入れ歯を工夫することで達成できることを説明させていただいたりします。
 
インプラントは手段であって目的ではないことを、我々も肝に銘じて診療しています。

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved