大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

歯科顕微鏡(マイクロスコープ)治療


最近、テレビでも、医療の世界で、顕微鏡や内視鏡を使用して手術する場面を見ることがあると思います。
複雑な手術ほど、より細かい部分まで見えるマイクロスコープを使う方が当然のことながら、より良い結果が得られるだろうと思うからです。
 
歯科は、当然ながら、すべての作業で、細かい治療が求められます。また、歯の根の治療など、肉眼では暗くて見えにくい部分もあります。ですので、歯科でも、歯科用顕微鏡を使用して治療を行うことが増えてきました。小室歯科近鉄あべのハルカス診療所も、2年前に、マイクロスコープを導入いたしました。
 
顕微鏡は、歯を大きく拡大して見ることができることに加えて、ライトが付いているため、暗い部分でもよく見えます。ですので、これまでより、数段精密な治療ができることが期待できます。
 
また、顕微鏡には、カメラとビデオが付いており、必要な時には撮影ができることも、大きなメリットかと思われます。
しかし、一方で、顕微鏡を使いこなすには色々と訓練が必要ですから、我々も、日々使いこなせるように、努力していきたいと思っています。

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved