大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

CT検査でわかること


小室歯科近鉄あべのハルカス診療所では、CTを導入しています。
CTは、これまでのレントゲンと違い、顎や歯の状態が立体で、しかも詳細にわかるところが大きな利点となっています。
CTの検査というと、主にインプラントや、親知らずの術前診査を思い浮かべる方も多いと思います。実際、当院でも多くの症例でそのような検査を行い、顎の中の神経との関係を確認したりします。
しかし、当院では、それだけでなく、歯周病による骨の吸収度合いや、歯の根の治療の診断、治療など、幅広く使用しています。
特に、歯の根の治療に関しては、これまで非常に細くて複雑な形をしている歯の根を診査出来ることに非常に有用性を感じ、その部分の描写が得意なCTを購入時に選定しました。
CT撮影は、場合によっては自費になったり、また被曝の関係を心配されたり(被曝線量はそれほど高くないのです。http://www.komuro-dental.com/contents/ct.htmlをご覧ください)で、敬遠される患者さんもおられるのですが、メリットの方がはるかに大きいと思っておりますので、これからも積極的に使っていきたいと思っています。

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved