大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

睡眠時無呼吸症候群マウスピース治療


睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、一般に大きないびきを伴い、睡眠中に何度も呼吸が止まった状態(無呼吸)が繰り返される病気です。 .
寝ているときに起こりますので、本人は気づかないことらが多く、周りの人に指摘され、気がつくことが多いのが特徴です。
この病気は、睡眠障害により、昼間の社会活動に影響を与えますので、非常に問題になっています。
 

ところで、この病気はまず最初は医科によって診断が行われ、そのうえで、CPAPなど医科的にアプローチがなされますが、それと並行して時に歯科においてマウスピースによる治療をすることがあります。


マウスピースで治療することができます、らスリープスプリントとも言われ、下あごを上あごよりも前方に出すように固定させたり、下あごが後ろに下がらないようにすることで、舌根が沈みこんでしまうのを防ぎ、上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。
 
この治療は、保険治療でも行うことが出来ますので、ぜひご相談いただければと思います。

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved