大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

自費診療について


治療計画についてお話をする際、保険診療と自由診療の提案をすることがあります。


ご存じのように、保険診療では、使用できる材料、段取りに制約があり、
どうしても、歯科医学的に理想の治療が出来ない場合があるからです。
誰しも、考えうる最高の治療を求められるでしょうから、常に最後にネックになるのは自費診療と保険診療の値段の差、ということになります。
例えば、一本のセラミックの歯が12万円だとします。そのもの自体は小さな一本の被せ物ですから、一つの”モノ”としてみた場合、少し高い気がして、決断には勇気がいるかもしれません。しかし、かぶせものは、単なる”モノ”とは違い、完全オーダーメイドの人工臓器です。そのおかげで口元が美しくなり、人から好感を持たれ、しかも清潔で長持ちするのであれば、充分価値があると思いませんか?また、そのためには型取りにも手間と時間をかけ、材料も高価なものを使用し、精度を高めることにより、完成度をあげる必要があります。そして、歯には一回物を噛むだけで、奥歯であれば大体60KG位の力がかかるのです。それに、毎日何百回も耐え、何年も持たなければならない、過酷な条件に耐えうるものでなければなりません。
つまり、価格が「高いか安いか」は、単に値段そのものではなく、「自分自身にとって、その付加価値が価格に見合うのかどうか?」という基準で判断すればいいのではないでしょうか?

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved