大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

歯科治療はオーダーメイド


よく、治療をしていて、”歯を入れるのに時間がかかりますね”を言われます。


確かに、かぶせものでも、もっとも単純なものでも2回はかかりますし、入れ歯などでは出来上がるまでに4,5回はかかります。また、入れ歯は出来ただけでは上手に噛めることはまれで、たいがい何回か調節が必要になります。
歯は、人によってそれぞれ形が違います。また、入れ歯は粘膜の型も取るので、余計に複雑になります。さらに歯の治療は、0.1mm以下の精度で、技工士さんに作っていただかなくてはなりません。ですので、どうしても時間がかかってしまうのです。また、金属のかぶせものであれば、型を取ったものを、石膏模型に起こして、それをもとにまずワックスで歯の形を作り、それをもとに金属の鋳型を作り、鋳造する。入れ歯であれば、模型をもとに、プラスチックや金属を使って作る。噛み合わせが不安定な患者さんには、噛み合わせを調べる器具をまず作る。いろいろ複雑かつ繊細な課程を経て作ります。
 
セラミックを使うときも、技工士さんが何層にもセラミックを盛り足して、焼くことで、色の深みを高めます。
いずれにしても、一つのものを作るのに、非常にオーダーメイド性の高いのが、歯科治療といえます。
 
とわいえ、最近では、セレックなど、非常に制作が簡略化されて、かつ精度の高いものもできてきました。セレックなら型取りからセットまで、早ければ2時間で行えます。歯科もだんだんと効率化が図られていることも確かです。

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved