大阪市阿倍野区 小室歯科 医療コラム

歯を失う、意外な原因。噛み合わせ


人は皆、歯を失いたくて、失うわけではないと思います。
しかし、ほとんどの人が、一生の中で、残念ながら歯を失うわけです。
それでは、なぜ、人は歯を失うのでしょうか?
すぐに思いつくのが、虫歯や歯周病だと思います。
虫歯によって、歯がかけてしまって、歯を失う。歯周病だと、歯周病菌にはを支える骨が吸収されてしまって、その結果歯がグラグラになって、歯を失う。どちらも、すぐに想像できることです。

しかし、日々の臨床をしていて、それと同じくらい、歯を失う原因として重要な要素があります。それは、噛む力、です。

 
人は一回噛むごとに、奥歯であれば一本あたりに60から70Kgの力がかかると言われています。それを、毎日何百回と繰り返すわけです。また、寝ている間などに、無意識にくいしばることもします。そのような、力は常にはを支える歯槽骨という骨で支えるのですが、力が異常に大きかったり、力がかかる方向が本来と違う方向であったりすると、骨にストレスがかかって、溶けてきます。それが繰り返すと、歯周病と同じようにはがグラグラになって、抜けてしまうことになります。
 
我々は、出来るだけそのことがないように、日々患者さんの噛み合わせもチェックしています。一つの歯だけに異常な力が加わらないように、少し削って調整したり、入れ歯やインプラントを入れて、残った歯に力が加わり過ぎないように配慮したり、ナイトガードという就寝中の歯の食いしばりによるはのダメージを防ぐものを作ったり、色々な工夫をします。
皆様も、歯医者に行かれた時は、虫歯や歯周病だけでなく、噛み合わせも見ていただくことをお勧めします。

お問合せ:
(医)白亜会小室歯科
近鉄あべのハルカス診療所
〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F
TEL: 06-6623-2401

Copyright (c)(医)白亜会小室歯科近鉄あべのハルカス診療所 All Rights Reserved